Akihiro & Kaoru 2018.09.15

Case
Various Conceptual Weddings

酒と自由とふたりのレキシと

大好きな人たちと大好きな空間ですごす大切な1日

「結婚式、いつ挙げるの?」
新婦の母親からそんな言葉をもらい、上げた、重い腰。

結婚式を挙げるのなら
仰々しい結婚式にはしたくなかった。

お酒が大好きなおふたり
そして、堅苦しいのが苦手なおふたり
そんなふたりの結婚式のキーワードは【 自由 】

これまで歩んだレキシを振り返る意味を込めて
挙式は厳かに 披露宴からは気楽にアットホームに

準備を進めるうちに楽しみになった結婚式
~酒と自由とふたりのレキシと~
大好きな人たちと大好きな空間で過ごす大切な1日。

Staff’s
feelingsfor this wedding ceremony

おふたりを象徴するキーワード
「自由気ままさ」を表現

From Planner鶴崎 洋介

結婚式にルールなんてない。
「ふたりの理想」を結婚式という形に落とし込むこと。
ただそれを追求し、生まれた結婚式。

入籍して約2年の月日が経った頃、
おふたりは結婚式場探しをスタートしました。

元々おふたりは挙式もせず
「食事会」のような結婚式をイメージされてました。

ただ、打ち合わせを進めていく中で
「お酒が大好き、僕らも、みんなも」
「自由気ままにこれまで生きてきた」というような
コンセプトへと繋がるエピソードをお話してくださりました。

家族・親族様へ向けてけじめをつけるという意味合いから
挙式は神社で神前式を厳かな雰囲気の中で行うことになりましたが

披露宴からは飾らず自然体なパーティを行いたい、
「結婚式」という概念やルールに囚われない自由なパーティにしたいということで
これまでの「結婚式」を壊すようなイメージで「自由」を形にしていきました。

最終的には披露宴のスタートを
野外で行うゲスト全員参加の鏡開きで飾り、
新郎お姉さまが再入場曲を歌い、新郎新婦と3人で踊って入場をしたり・・・。

おふたりを象徴するキーワードである「自由気ままさ」を
結婚式という形に落とし込みながらコンテンツを盛り込んでいきました。

「結婚式はこうでないといけない」
そんなルールはありません。
広大な敷地と提案力あるプランナーが揃うマリコレで
これからもたくさんのオリジナリティ溢れる結婚式のお手伝いをしていきます。

Back To Top